So-net無料ブログ作成
検索選択

恐ろしすぎる… [映画]

[映画]『THE JUON(呪怨)』のことですよー。ああ恐ろしや。
自分、確かに怖がりですよ。それはよく知ってます。でもねー。

近頃はホラゲー(ホラーゲーム)の動画ばかり見ていたからね。
少しくらいは慣れたつもりでいたのです。特に呪怨は何度となく見たし。
しかし、映画開始10分で口にしていた。
ムリムリムリムリ。

とんでもない怖さだな。
それこそ10分置きくらいに恐怖が襲ってくる。
普通こういうのはジャブから入るでしょう。初っ端からフルボッコ(笑)。

3人家族が心中したという家に転居してしまった家族。
その家に足を踏み入れた、全ての人間が襲われる。

激しく威嚇する猫。
見開いた異様な眼差しで彼女を見つめるひとりの男の子。
そして。
見開いた、を通り越して眼球が半ば飛び出すような目の女性。

それは、終わった瞬間の表情(かお)だった。
そして、全てが終わった瞬間が始まりだった。

…それでも見ないわけにはいかなかった。
これこそが今考えている話の参考になるからだ。ヤな理由だな。

恐怖体感呪怨のゲームも怖い。
だが、それはそれで、これ(映画)はこれで恐ろしい。
自分には充分怖かった。世の中凄い事考える人がいるもんだ。[夜]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

信念の果てに [映画]

ふう。見た見た。がっつり見て泣いた(笑)。
[CD]うちの兄貴がDVD化してくれて今日持ってきてくれた映画。
それは、以前I先輩が紹介してくれた映画だった。

[ひらめき]それは、あるカナダのメタルバンドの話。
メタリカ等の大物たちが影響されたというほどのバンド。

しかし、なぜか売れなかった。その理由は何にあったのか。
歌詞のせいか。マネージメントのせいか。
50代になる今まで、まったくといっていいほど売れなかった。

副業をしながらでも音楽を続ける彼らの前に、ある招待が。
そして10代の時に訪れた日本で奇跡が起こる…。
↓これはそのバンドANVIL(アンヴィル)の映画予告編を兼ねたライブの模様。




…ある意味運命ですかね。
自分に関係する複数の人に薦められるものは。

いただいたDVDの最後に、ある言葉が入っていた。
これは、自分の一番ストレスになっている事に対する言葉とも取れた。

自分もある意味彼らと同じ事をしているのかもしれない。
何もかもを自分色でやりぬくことはできない。
妥協すべきところを見極めなくてはならない。
彼らに学ばなければならない。

いいものを見せていただいた。 今の自分に必要なものを見た気がしている。

…あ、ただそれ以前に自分はメタル、ロック好きだからね。
そちらも勿論楽しませていただきましたよ(笑)。

彼らはスラッシュとかメタルバンドと言われていたけど、
ちょいとテンポ的にはメタルよりもロックだね。
歌詞はスラッシュで、テンポはブラックメタルな感じでややスロー。
あんだけドラムが派手こいから“遅い”という意味ではないが。

映画はドキュメンタリーになっていてあまり曲は聴けない。
機会があれば他の曲も聴いてみたいものだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 [映画]

WOWOWで、バイオハザードディジェネレーションを見る。
カプコンでおなじみのホラーゲームが元になっている。
…なんちゅうか凄いね(笑)。フルCGすよ。凄すぎる。
どんだけ時間と資金がかかったんだろう。なんて技術か。
ストーリー性もしっかりしてる。
まあ、全く知らない人にとっては何のこっちゃな部分もあるだろうが。
しかし、CGとは思えん。普通の人間がやってるようだ。
眼球の微かな動きまでとにかく緻密だ。迫力も充分。
見る価値はあると思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画 [映画]

[晴れ]朝7時。会社に向かうため家を出る。
ドアを開けて出、閉める。じゅ。
[ふらふら]あっぢっぢ。ノブ握って、やけど(笑)。どんだけ熱せられてんだ。

[映画]夜。WOWOWで録画した映画をみる。
「モーテル」「28日後」「今日も僕は殺される」。ホラーばっか(笑)。
相変わらずWOWOWだけはデジタル放送の調子が悪く飛び飛び録画ではあったが。

まず「28日後」。ありゃ、死人系じゃないのか。違うらしいけど。
ウイルスの話で、感染した者は凶暴化する。らしい。
そらそうだ。あんな全力疾走するような頼りがいある死人はいないだろう。
エグいシーンは多い。凶暴化するといっても、やたらに襲うだけだ。
その分、逃げるという行為も一層怖くなる。

「モーテル」。これもひどい話だ。
ホテル泊まる人間をなぶり殺し、ビデオに収めて売ってるという。
支配人がサイコ趣味なのかなんなのか。B級という感じだ。

後は「今日も僕は殺される」。これが意外と楽しめた。
あ、ストーリーが、ね(笑)。途中出てくるシーンはあまりに残酷だ。
てか、酷すぎる。よくもまあというくらい。話としてはまあいいかも。

せっかくデジタル放送のWOWOWにしたんだしな。
これからももっと見てみたい。
今までは正直映画というものに興味がなかった。
でも、おかげさんで少しは見たいという気になってきた。
これで録画が途切れなければもっとありがたいが…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。