So-net無料ブログ作成

九州旅行三日目〜宮崎5 [旅]

またしても時間がかかってしまいました。
すっかり試験におわれて旅日記が進んでいない自分ですどーも。
いかん、次の旅行がもうすぐ来てしまうじゃないか(笑)。
前回の旅行記をなんとか書き切らねば。


【九州旅行三日目〜宮崎5】

午後3時は回っただろうか。
宮崎は高千穂に来ていた。
天安河原から高千穂峡にむか…いたいのだが、何せバスがない。
次のバスを待つ間、近くの神社に立ち寄ることにした。

近くの商店街の方々はとても感じが良かった。
気持ちよく話に付き合って下さり、丁寧に道のりを説明してくれた。
いいなあ。観光地とはいえ、ここまで感じのいい人たちも珍しい。
おかげで神社への道のり、バス停も分かった。ありがとさんです。

121114_1354~010001.jpg

神社へは、かなり高度のある橋を渡って行った。
なんつー高さか。
ここまで高いと下をのぞくのが怖いね。

そんな訳で橋からの写真はなし(笑)。
だって怖いんすもん。

神社には人が一人もおらず、静まり返っていた。
それが何だか恐ろしい。
神主がいるような場所では確かにないのだが。

本当に何もない。
まあ小さな神社でしたしね。
やけに怪談階段が多くて広かったが。


やがてバスがやってきた。
予定通り高千穂バスセンターへ戻る自分。
しかし何も心配はいらない。タクシーがあるのだ。
すでに連絡先を控えておいた自分に憂いなし。
まずは行きだけ徒歩で向かった。

全てが下り坂のため、大変だとは思わなかった。
むしろ、急な坂すぎるかもしれない。

121114_1530~030002.jpg

やっと着いた高千穂峡。
予想を遥かに超えて壮大で美しかった。

なんて広くて静かなんだ。
これもまた自分の望んだ景色だった。

ずっといつか行きたいと願っていた場所。
天安河原と高千穂峡。
神の降りた地と名高い場所。
やっと自分はここに来られたのだった。

なぜ来たかったのか。
色々と理由はあった。
簡単な理由ではなさそうだ。


自分自身にもはっきりとした理由は分からない。
ただ、とにかく神々しく見えていたのだろう。


実際には××(←自粛)な観光客が景色を台無しにしてくれた。
旗を持った添乗員に連れられてただ騒いで付いてくる連中。
谷底へ向けて、ヤッホーとか叫んでるやつまでいる。
あほか(←あ言っちゃったし。笑)。
ほんとに毎回思う。こういうの何とかならんかなあと。
美術館や図書館で騒いでいるのと大差ない気がしてならない。
まあそれを強制することはできんのですけど。

帰り道は、予定通りタクシーでバスセンターまで帰ってきた。
くるみの団子をいただきながらで失礼しました。美味かったな。

バスに乗って再び延岡へ。
近くの居酒屋で、かき雑炊を食べる。ここでは酒抜き。
明日は早くからバスに乗って博多入りする。


【九州旅行四日目~博多へ続く】
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。