So-net無料ブログ作成

DX3【Crumble Days】リプレイ25 [TRPG]

さあ今日は続いて更新まいりましょう。
しかし今日は寒いっすねー。まあ12月に入りましたからねー。
ひっさびさのTRPG更新です。
年内にはクランブルデイズはおわらせますので(笑)よろしくお願いします!


DX3【Crumble Days】リプレイ25

○エンディングフェイズ○

【シーン12:新たなる戦いへ(夜見)】


GM:さて。神谷と紅月がUGN支部にて報告を済ませた後。
夜見:おれ、かい?
GM:そうです。夜見さんは霧谷の呼ばれ、お礼を述べられます。

霧谷:「ありがとうございます、夜見さん。依頼した件は無事完了しました」
夜見:いやいや。

一同:(笑)。
神谷:お前は支部長の前ですらそんな感じなのか(笑)。
夜見:おれ?そうだよ。直の上司でもないからね。フリーの身さ。
二宮:フリーダムすぎる(笑)。

霧谷:「しかしFHはまだこの街で何らかの活動を続けているようです」
夜見:ありゃ。
霧谷:「引き続き調査をお願いできますか?二宮くんも心配ですし…」

夜見はいつも通りのさっぱりとした口調で答える。

ん?ああいいよ。おれもあの連中は気になってるしね。


GM:…と、いったところで夜見さんのエンディングは終わりです。
夜見:はやっ(笑)。
紅月:エンディングまでさっぱりとしてましたね。
GM:で、次は身堂が登場しますので。紅さんご協力を。
紅月:了解でーす。


【シーン13:新たなる戦いへ(二宮・身堂)】


GM:続いて、二宮と身堂のエンディングです。場所は教室ですね。
二宮:うーん。戻ってきたあ。
GM:ここから自分は身堂になりますので紅さんGMよろしくです。
紅月:はいはい。

翌日の学校。
そこには何事もなかったかのように日常の光景が繰り返されてた。

何気ない光景。あの日を境にひどく崩れやすいものへと変わった

二宮:綾瀬さんは…何も覚えてないんだよね。
身堂:そうだろう。UGNの処理班が記憶の処置を施していたはずだな。

綾瀬:「おはよう、二宮君!」
二宮:あ、お、おはよう…。
綾瀬:「身堂さんも、もうこの学校に慣れた?」
身堂:…ええ。少しは。
綾瀬「昨日は二宮君のおかげで助かったよ!」

一同:…え?
二宮:ちょっちょと待って。覚えてない、んでしょ?
綾瀬「え?確か宿題見せてもらったよね?」
二宮:がくぅ(笑)。
身堂:そういうオチとは。
綾瀬「そういえば…矢神君、もう転校しちゃったんだって…」

誰もいなくなったひとつの席。
矢神の記憶と共に、存在すらなくなっていた。
二宮が綾瀬との会話に夢中になる中、身堂は空席から目を離す。
窓の外にも、いつも通りの風景。
景色を見ながら思う。

…なくなって、しまうものなのだろうか…。

すべてがなくなることなど決してないと分かっていながら。


DX3【Crumble Days】リプレイ26へ続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。