So-net無料ブログ作成
検索選択

DX3【Crumble Days】リプレイ24 [TRPG]

どもー。今回は久しぶりのTRPG更新です。
もう少し更新速度上げないとな…。


DX3【Crumble Daysリプレイ24


ようやくFHの追手を倒した、二宮たちであったが…。


GM:エンディングに入る前にひとつやることがあります。
二宮:なーに?
GM:あなたが“日常”にもどってこれるかどうかの判定です。
夜見:え、おれたちはいいの?
GM:信じられないことに浸食率100%を超えてませんからね(笑)。
二宮:どゆこと?確かにぼくだけだけど。
GM:レネゲイドウイルスの浸食率が100%を超えていますでしょう。
紅月:すると、ジャーム(化け物)化する可能性があるということです。
二宮:えっ。どうすればいーの。
GM:判定してくださいな。この判定をバックトラックといいます。

二宮:えーと。たいたすになってないろいす…ってなに(笑)。
紅月:切れていない縁、です。途中でロイスを結んでないから3つ。
二宮:3つ振ればいいんだね。17。
GM:それを現在の浸食値から引いて、100%以内に収まれば成功。
二宮:浸食値は107だから楽勝におさまったね。
GM:オーケーです。これで無事全員戻ってこられました。


○エンディングフェイズ○

【シーン11:失うもの(神谷・紅月)】


GM:UGNの処理班に、綾瀬は保護されたうえで記憶処置を施されます。
二宮:なんだかかわいそうだなあ。

GM:それではまずは神谷、紅月です。
神谷:ふむ。
GM:場所はUGNの施設。日本支部長、霧谷に事後報告をしています。
紅月:普通ですね(笑)。
GM:まあ先がありますから(笑)。とりあえず霧谷とのシーンです。

霧谷:「御苦労さまでした。FHの計画は阻止されました。」
神谷:どうも。
霧谷:「綾瀬真花は適格者ではありませんでした。」
紅月:あれ、結局そうなんですか。
霧谷:「ええ。二宮くんの周囲にいた時、彼女のものと誤認されたようです」
神谷:なるほどな。

霧谷:「矢神秀人が彼女に固執したのは、大事な人だったからでしょうね」
神谷:惚れてたのか。
霧谷:「しかしジャーム化によって正常な関係を構築できなくなった…」
紅月:それで彼女も“同じ”にしてしまおうと…。
霧谷:「日常を失うとは、そういうことです」


神谷たちは報告を終え、UGN施設を後にした。


GM:ということで、神谷と紅月のエンディングです。
神谷:ふむ。終わったようだな。
紅月:ええ。やっと終わりましたね。
神谷:しかしまだ二宮には“先”がありそうだな?
紅月:…おそらく。これで縁が切れるとは思えません。
神谷:縁(ロイス)がある限りな…。


神谷と紅月はそう言い残して姿を消した。
また、再び二宮と出会うことになると予感しながら。


DX3【Crumble Days】リプレイ25へ続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。