So-net無料ブログ作成
検索選択

DX3【Crumble Days】リプレイ17 [TRPG]

どうも。異動の引継ぎや片づけや日中業務で多忙な自分です。
なーぜ日中業務をフツーにやらせるのだ。
引継書が書けんでしょーが。丸ごと置いていくぞ(笑)。
いやいやそれは勿論冗談。なんとかやれるところまでやらんと。

さて。では久しぶりにTRPG続きいきましょうか。
最近なんだか怖くて実況動画アップできないや(笑)。


DX3【Crumble Daysリプレイ17


【シーン8:偽りの記憶(二宮)】

GM:さって。前回までのこと覚えてますかー。
夜見:おれがバトルシーンにいなかったのは確かだ(笑)。
GM:そうなんですが(笑)。
二宮:僕がオーヴァード(超人)に目覚めて、敵に狙われてる。
神谷:だがお前の女もそうだろう?
夜見:女言うな(笑)。
紅月:で、二宮君がさらわれそうになったのを我々が助けた、と。
身堂:…わたしが抜けているぞ(笑)。
神谷:役に立っていない、二宮の監視役。
身堂:(がーん)
神谷:冗談だ。バトルで充分力発揮した。
GM:ではシーン8、同じくトリガーイベントに入ります。

場所は学校近くのファーストフード店。
二宮は、話があると綾瀬に呼び出された。
行ってみると、彼女は不安な面持ちで待っていた…。

GM:二宮君、浸食率上げて。
二宮:9-。
GM(綾瀬):ごめんね。突然呼び出したりして。
二宮:あ、ああいいんだよー。
一同:(笑)。
夜見:相変わらず固いなー。
二宮:仕方ないのっ。
綾瀬:矢神君があなたに近づくなって言うから学校で話せなくて。
二宮:!そうなんだ…。
綾瀬:あの事故…ほんとうは何があったの?
二宮:うえ?
綾瀬:だって…私たちだけ無傷っておかしくない?
紅月:それは当然の疑問ですね。
綾瀬:私あれ以来変な夢を見るの…怪物が出てくる夢…。
二宮:うう。
神谷:これはまずいな。
綾瀬:ねえ二宮君。あのとき、何か見た?何かあった?

GM:さあどうします?
二宮:ううー。い、言えないよー。僕が化け物になった、なんて。
紅月:化け物じゃないです。普通の人はそう見えるかもですが。
夜見:しかし今の彼女に刺激を与えていいのかい?
神谷:危険な気がするな。覚醒してしまうかもしれない。
二宮:…。やっぱり言えないよ。まだ彼女は人間なんだろうし。

綾瀬:そっか…ごめん。変なこと聞いて。
二宮:よかったのかな。
紅月:皆で決めた事です。いいんですよ。
GM:しかしここで、突如ワーディングが張られる!

二宮:うえ!?またいきなり矢神なの?
GM:その通り。真花は気を失って倒れます。
紅月:ワーディングの中では通常の人間の時が止まりますね。
GM:真花は、矢神に抱えられていた。

矢神「君には近づかないように言っておいたのにね…」

二宮:お前!
矢神:あの事故は本当は綾瀬さんが目覚めるはずだったんだ。
夜見:なんだって?
矢神:なのに君が目覚めた。そうだあの事故は僕がやったんだ。
二宮:やっぱり…お前は…。
矢神:綾瀬さんは僕と同じで選ばれた。もう普通には戻れない。
二宮:勝手な事をいうな!(熱血)
矢神:彼女はFHで目覚めさせる。そして一緒に…なるんだ。
二宮:おい!どこへ…!
GM:矢神はシーンから退場します。ここでシーンは終了です。

二宮:ううー。
GM:真花は連れ去られました。
神谷:追うしかないだろうな。
紅月:当然ですね。


DX3【Crumble Days】リプレイ18へ続く
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。