So-net無料ブログ作成
検索選択

呪い2 [動画]

“呪い2”って。なんだその人気シリーズ的な書き方(笑)。
前回の“呪い”についての記事、ですが。
思っていた内容と違ったと。言う方もいらっしゃいましたので。
今回はもう少しつっこんだ話にしてみたいと思います。
その前に近況を少し。

昨日は久しぶりに整体へ。夕方から行って、更に話しこんできた。
午後4時に入り、出たのは午後6時半という時間になっていた。
その後、いつも寄る店に行ったら帰ってきた時間は夜8時過ぎ。

今日は今日で、車で人を何度か送ったり練習したりと。
いずれも、図書館で借りた本を合間に読みつつの出来事でした。

■     ■     ■

[ひらめき]さて。呪いの続きですが。
…実際はどうなんでしょうね。意味は漠然と分かる気がしますが。
ということで、ネットで色々と調べてみました。
以下、ウィキペディアより抜粋。

『呪いとは、人あるいは霊が、物理的手段によらず精神的・霊的な手段で、他の人、社会や世界全般に対して、悪意をもって災厄・不幸をもたらす行為をいう。』

『「呪う」という言葉は「祝詞(のりと)」と語源的には同じで、「宣(の)る」に反復・継続の助動詞「ふ」が接続したものであり、古代の言霊信仰に由来するものと思われる。』

『日本では既に死んだ人・動物や神霊がなす呪いを特に「祟り」と呼び分けることが多い。呪術(まじない)とも関係が深いが、呪術という言葉は意図および結果の善悪にかかわらず用いられるのに対し、呪いという言葉はもっぱら悪い意味で用いられる。』

ふむ。さすがに分かりやすい説明だ。
続いてこの言葉について検索してみると、こんなものがあった。

『呪い代行します』

…それ、ありなのか?
さすがにそれもどうかと思いますね。効果などあるのかと疑ってしまう。
仕事人じゃないんだからさ(笑)。
少なくとも人の念というものはそう簡単なもんじゃないすよね。

まあ、ある人に悪意をなした人間がね。
車椅子状態になったとか。入院したうえ少しヘンになっちゃったとか。
そういう話はありますけどね。ある人とは自分の事ですが。

勿論偶然すよ。でも世の中、因果応報というのはあるのかもしれない。
因果は巡るもので。
自分が根に持たなくても、自身の因果で報いがある事はあり得る。
相当悪意があった場合だけですけどね。それは結構信じている。

[映画]最後に、YouTubeからこの動画を送ります。
ネタバレ覚悟ではっきり言っておきますが、大丈夫です。
最初のうちは相当怖いようなイメージですがそれは無いです。
自分は、ショック性の高い悪質動画は載せませんのでご安心下さい。
ただし2分以上の動画のため、携帯よりPCから見るのが無難です。
それでは~。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。