So-net無料ブログ作成
検索選択

エイズウイルスの9割を無力化する抗体 [記事]



[ひらめき]エイズワクチン実現に前進、ウイルスの9割無力化する抗体発見。
凄い事だ。以下、記事より抜粋。

『ウイルスの9割以上を無力化できる抗体を2個発見したと、9日の米科学誌サイエンス(Science)で発表した。
この抗体は、HIV株のヒト細胞への感染を防ぐ。研究チームはHIV感染者から採取された血液を調べ、2つの抗体を特定するとともに、防御する仕組みも解明した。エイズワクチンやその他病気の抗体療法への応用が期待される。』

…なんだそうです。凄い発見なんだろう。
エイズについて、おさらいをしてみました。


【ウィキペディアより】
エイズ…後天性免疫不全症候群。
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことをさす。

ウイルスの起源はカメルーンのチンパンジーという説が有力。
そこから人に感染して世界中に広まっていったと考えられている。
1981年にアメリカロサンゼルスに住む同性愛男性(ゲイ)に初めて発見。
症例報告後、わずか10年程度で感染者は世界中に100万人にまで広がった。

当初、感染者にゲイや麻薬の常習者が多かったことから、感染者に対して社会的な偏見が持たれたことがあった。現在は病原体としてHIVが同定され、異性間性行為による感染や出産時の母子感染も起こり得ることが知られるようになり、広く一般的な問題として受け止められている。

■    ■    ■

…自分の周りには今のところ感染している方はいない。
だが、難病(というより不治の病なのか)であるのは確かだ。
ワクチンが早く完成することを期待したい。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。