So-net無料ブログ作成
検索選択

信念の果てに [映画]

ふう。見た見た。がっつり見て泣いた(笑)。
[CD]うちの兄貴がDVD化してくれて今日持ってきてくれた映画。
それは、以前I先輩が紹介してくれた映画だった。

[ひらめき]それは、あるカナダのメタルバンドの話。
メタリカ等の大物たちが影響されたというほどのバンド。

しかし、なぜか売れなかった。その理由は何にあったのか。
歌詞のせいか。マネージメントのせいか。
50代になる今まで、まったくといっていいほど売れなかった。

副業をしながらでも音楽を続ける彼らの前に、ある招待が。
そして10代の時に訪れた日本で奇跡が起こる…。
↓これはそのバンドANVIL(アンヴィル)の映画予告編を兼ねたライブの模様。




…ある意味運命ですかね。
自分に関係する複数の人に薦められるものは。

いただいたDVDの最後に、ある言葉が入っていた。
これは、自分の一番ストレスになっている事に対する言葉とも取れた。

自分もある意味彼らと同じ事をしているのかもしれない。
何もかもを自分色でやりぬくことはできない。
妥協すべきところを見極めなくてはならない。
彼らに学ばなければならない。

いいものを見せていただいた。 今の自分に必要なものを見た気がしている。

…あ、ただそれ以前に自分はメタル、ロック好きだからね。
そちらも勿論楽しませていただきましたよ(笑)。

彼らはスラッシュとかメタルバンドと言われていたけど、
ちょいとテンポ的にはメタルよりもロックだね。
歌詞はスラッシュで、テンポはブラックメタルな感じでややスロー。
あんだけドラムが派手こいから“遅い”という意味ではないが。

映画はドキュメンタリーになっていてあまり曲は聴けない。
機会があれば他の曲も聴いてみたいものだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。