So-net無料ブログ作成
検索選択

引き継がれていくもの [音楽]

今日は暗い話題しか書いてませんが(笑)。
しかしそれが最近の全てだから仕方がないか。

今日は月末。仕事も忙しい。
しかし自分は今日、葬式に参列させていただいた。
27日に交通事故で亡くなった、極めて身内に近い親戚Sさん。
中華料理店を営んでいた。
不器用だけど自分に優しいおっちゃんだった。
即死だった以上、誰も死に目に会えなかった。
せめて骨を拾ってやりたかった。やれる事はしたかった。

あんなに大きかったSさんは随分と小さくなった。
…普通の表現だが、こんな言葉しか思い浮かばない。
せめて、最後の最後まで見届けたつもりだ。

絶対忘れないからね。
不器用なあなたが、我々家族に対してはいつも笑顔だったこと。
いつもいつも美味しい料理を作ってくれたこと。
有名な中華街の餃子だって、この味には勝てやしない。唯一無二だ。

仕事に命をかけてた人だった。いつまでも我々の中に生きてほしい。
次に会うのはいつだろう。どういう形、なんだろうか。

■[音楽]
Sさんにこの歌をささげる。
自分の最愛といっていいバンド、Dream Theater。
アルバムScenes From a Memory」より。
「The Spirit Carries On」を追悼の意を込めて。

『明日死んでも俺は大丈夫』
『なぜなら信じてる』
『魂は引き継がれていくのだと』

ほんとに、3人の子供はこの人によく似てる。怖くなるほど。
少なくとも、料理の腕も次男が相応に継いでいるはずだ。
店を引き継ぐってのはどうかとは思うが…。

自分は酢豚だけでも引き継ぐよ(笑)。
30年来の戦友である、うちの母がその味を一番継いでいるから。
あなたの全てであり魂であった、その味は誰かに継いでいきたい。


中華料理用の帽子をかぶっているSさんの遺影を見て、思う。

やっぱりあなたはその格好が一番似合うや。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。